ココロの荷物はみんなでおろそう

うつ病を治せば明るい未来があなたを待っている

女性患者が多い理由

ハート

うつ病は性別関係なく発症する病気ですが、男性よりも女性の方がかかりやすいというデータが出ています。何故女性がターゲットにされてしまうのか、原因がわかるとうつ対策に使えます。

病を知ろう

メンズ

ちょっとした出来事で落ち込んでしまい、その状態から立ち直れるほどのエネルギーがないと一週間から二週間、もっと長い人はそれ以上の期間塞ぎこんでしまいます。この状態を世間はうつ病と呼びます。我々の感情や心理を司る脳の働きが様々な理由で弱くなり、心身ともにバランスがとれない状態です。食べる、眠る、性欲三つの欲求が病気の影響で減少し、やがて変化が訪れます。この状態を一部はただの甘えと捉えますが、心の風邪と言われるように誰でも発症する環境に置かれています。体に症状が出ている以上、周囲はそれを病気と認識しなければなりません。また、うつ病のサインを見逃さないために病気の事についてしっかり理解することが支える側の義務といえます。感情の浮き沈み、落ち着きがなく常に疲れている、何も悪いことをしていないのに必要以上に自分を責める、食欲がなくなったり過食になりやすかったりするという症状のほとんどが当てはまり、且つ一週間から二週間以上その状態が続いている場合は高い確率でうつ病と診断されます。またうつ病を治療せずにいると死について毎日考えます。こうなる前に受診したいところですが、現時点でうつ病だと知らない、もしくは知っていても受診していない人の数は全体の6割強、つまり受診済みの患者を合わせると400万人近い人が悩まされていることになります。この数字から見ても、うつ病がどれだけ蔓延しているかわかるでしょう。放置していれば自然と治るということはなく、放置した分だけ症状が進み悪化しますからおかしいと感じた時が精神科や心療内科を受診するタイミングだと言えます。

うつ病の原因は現時点でまだはっきりしていませんが、神経伝達物質の分泌が少ない、食事の影響でうつ病を発症することもあるなど様々な説が飛び交っています。どれも納得できそうな内容ですが、急激な環境の変化と日々のストレスが蓄積されたこと、そして病気で発症するというのが一般的な考え方です。これらの原因はうつ病を診断する時の指標となり、診察の時に役立てられています。また、指標を元に原因が明白になれば、改善するための方法がはっきり見えてくるので治療に対して前向きに考えることができます。

新型うつ病がある

相談

一口にうつ病といっても種類がいくつかあります。その中で興味深いのが新型うつ病です。症状は一般的なうつと似ていますが、少し特徴が違います。うつ病かもしれないと思った時の参考にしましょう。

復職までの流れ

悩む人

うつ病で休職している場合、回復まではゆっくりと順番を踏んでいく必要があります。そうすれば、活力が自然と戻り、元気だったころのように働くことができます。基本は焦らないことなので覚えておきましょう。

良い病院を見つけよう

医者

日本全国には実に沢山の精神科と心療内科があります。しかし、どこが自分に合うのかわからないと探しようがないでしょう。そんな時うつ病治療に良い病院の見つけ方がわかると非常に助かります。

Copyright © 2017 うつ病を治せば明るい未来があなたを待っている All Rights Reserved.